一戸建て住宅の大きなメリット

  • 一戸建て住宅での雨水に関すること

    • 一戸建て住宅にお住まいの方の場合では、住宅の多くの場所を自由に利用することができます。



      現在では一戸建て住宅をメインとして、庭でガーデニングを楽しむ方や、家庭菜園などを行っている方も多く存在しています。



      一戸建て住宅の場合では、一般的には立ち水栓と呼ばれているものが屋外に設置されていることが多いために、庭で利用する水に関しては、立ち水栓からホースなどを引き、水を利用することが一般的に行われています。



      しかし、節約志向を持っている方の場合では、雨降りの日に屋根から落下する水を利用する方法を希望されている方も存在しています。
      この場合では、雨樋などが設置されている住宅ならば、そのパイプの出口を加工することによって、雨水を溜めておくことができます。



      例えば大きな樹脂製のタンクなどに雨水が溜まるように仕上げるためのアイテムも販売されており、効果的に活用することができます。



      その一方で、雨樋などが設置されていない一戸建て住宅の場合では、塩ビ管などを活用する方法が用意されています。



      塩ビ管を半分にカットすることが必要になり、受け皿状に設定して、屋根から雨水が落下する位置に傾斜を付けて設置することによって、雨水を溜めることができます。



      しかし、注意しなければならない部分があり、あまりに多くの雨水が同じ場所に落下させるような仕組みに仕上げた場合では、地面の状態次第では地盤を緩めてしまう可能性を持っているために、周囲に排水口などが用意されている場所に溜めることもおすすめです。



  • 関連リンク

    • 一戸建て住宅の多くには軒天と呼ばれる部分が設置されています。住宅の屋根の形状や、使われている素材によっても変わる部分になりますが、一般的な一戸建て住宅で傾斜の付いている屋根を持っている場合では、その多くで軒天が設置されていることになります。...

    • 一戸建て住宅にお住まいの方の場合では、住宅の多くの場所を自由に利用することができます。現在では一戸建て住宅をメインとして、庭でガーデニングを楽しむ方や、家庭菜園などを行っている方も多く存在しています。...